声優を目指すならデビューのチャンスが多い養成所へ

養成所はデビューしやすさで選ぶ

声優の養成所は大小様々あり、どれを選べばいいか難しいところ。

 

しかし、真剣にプロの声優になりたいと考えているのなら、デビューしやすさを重視して選ぶべきです。
声優事務所に入り、そこで仕事を貰ってプロの声優になれるチャンスを得られそうな養成所を探しましょう。

 

養成所によって、デビューチャンスがどの程度訪れるかは違います。毎年何人も新人声優を送り出している養成所もある一方で、全くないような養成所もあります。どれだけ実績があるかは、養成所を選ぶ上で重要なポイントです。

 

プロの声優になるまでの道のり

まずスタートは、入所試験に合格し、養成所に入るところから。人気の養成所では、入所試験の倍率が3倍を超えるようなところもあります。その後は、半年や1年程度で進級試験があるケースが多いです。ここで合格できなければ、養成所を出ていくことになります。

 

十分な実力がついたら、声優事務所のオーディションを受け、事務所に所属。事務所に入ればマネージャーがつき、仕事を受けられるようになります。

 

事務所に入るためのオーディションは、一般公募のものもありますが、関連養成所内でオーディションが行われる場合もあります。公開オーディションに比べ競争率が低く、普段のレッスンや実力も審査対象になるため有利です。

 

プロになるチャンスをより増やすためには、所内オーディションがあり、そのオーディションの頻度が高い養成所を選ぶ必要があります。

 

養成所の生徒を対象に行われるオーディションの頻度は、養成所や事務所によってまちまちです。大手声優養成所とつながりがあっても、オーディションの頻度が少なければチャンスは少なくなってしまいます

 

インターナショナルメディア学院では3ヶ月に1度所属オーディション

●事務所に入れる可能性が高い
インターナショナルメディア学院は、数ある声優養成所の中でも特に所属オーディションの多い養成所です。
関連事務所への所属チャンスは、普通1年に1回、2年に1回程度という養成所が多いのですが、インターナショナルメディア学院では3ヶ月に1回、年に4回という高頻度でオーディションが開催されています。
実力さえあればすぐにデビューできますし、オーディション経験もたくさん積むことができます。

 

プロの声優になっても、仕事を貰うためにはオーディションを受け続けることになります。早いうちからオーディションの経験を積むことは大切です。

 

●グループ内で仕事を生み出す力がある
インターナショナルメディア学院の関連会社では、アニメの制作も行っています。
当然、出演はグループ事務所であるIAMエージェンシーやアズリードカンパニーに所属している声優から選ばれます。

 

デビュー後にどれだけ仕事を貰えるかは、事務所にどれだけ力があるかによって大きく左右されます。仕事を請け負うだけでなく、グループ内で活躍の場を作り出す力があるので、デビューの後仕事の機会も多いです。
また、仕事が十分にあれば多くの声優を抱えることができるため、デビューさせられる新人の数も多くなります。