声優養成所

今おすすめの声優養成所はどこ?

同じ声優養成所で何年頑張ってもパッとしなかったのに、養成所を変えたらあっという間にデビューが決まったというのはよくある話。

 

声優を目指すなら声優養成所は避けて通れませんが、養成所選びを間違えてしまうと、何年も無駄に足踏みしてしまうことになってしまいます。

 

養成所や事務所の実績を調べるのも大切ですが、もっと大事なのは自分自身との相性。

 

レッスンの頻度や通い方、目指したいものや勉強したいことと合わない養成所を選んでしまうと、時間やお金を無駄にするばかりでなく、苦しいばかりで夢を目指すことそのものが嫌になってしまうかもしれません。

 

安易に知名度だけで選ぶのではなく、資料請求や見学会・体験会などにも参加し、一番相性の良い養成所を見つけましょう。

 

インターナショナルメディア学院

提携事務所:IAMエージェンシー、アズリードカンパニー
校舎:東京(新宿、八王子)、大阪、札幌、仙台、新潟、栃木、埼玉、千葉、横浜、金沢、長野、浜松、名古屋、岡山、広島、高松、福岡、ハワイ
年齢制限:なし
出身声優:影山灯、花井美春、宮健一、佐藤祐吾、勝田詩織、松井恵理子、鈴木愛奈

 

声優デビューの可能性を高められる

声優養成所に通う上で一番大切なのはデビューする可能性を少しでも高くすること。

 

どんなに好きな声優さんが講師でも、レッスンが充実していても、デビューできなければ単なる趣味で養成所に通っているのと同じです。

 

インターナショナルメディア学院では、声優事務所への所属審査を3ヶ月に1度行っています。審査の頻度は他の養成所と比べてかなり多く、それだけデビューできるチャンスが頻繁に訪れることになります。

 

入所直後に所属審査を受けることも可能で、早い人ではインターナショナルメディア学院に入ってから1ヶ月でデビューした人もいます。

 

流石にここまで短期間でデビューしている人は例外ですが、それでも入所から3年以内にデビューした声優は1,000人以上にものぼります。

 

事務所が積極的に活躍の場をつくっている

IAMエージェンシーでは、自社でアニメを制作したり、海外の声優イベントに参加したりと、積極的に所属声優が活躍できる場をつくっています。

 

仕事が多ければ、それだけ新人にチャンスが回ってくる可能性もぐっと高くなります。

 

校舎が多い

インターナショナルメディア学院は全国に校舎があります。地方出身者でも通いやすい養成所です。

 

年間通して入学でき、転校がしやすいのもメリットです。

 

最初は地元の校舎に通い、デビューが見えてきてから東京に移れば、上京に伴う金銭的負担も軽減できます。

 

授業料減免制度も

進級時審査の成績が良ければ、授業料が減免される制度もあります。

 

金銭的に長く通い続けるのが不安という人でも入所しやすいです。

 

→ 必ずテレビアニメに出演できる唯一の声優養成所【インターナショナル・メディア学院】

青二塾

提携事務所:青二プロダクション
コース・費用:週5全日制(東京校)110万円(1年間)
夜間1日3時間×週3(東京校)110万円(2年間)
毎週土日(大阪校)約115万円(2年間)
入所期間:東京全日制は1年間、それ以外は2年間
校舎:東京(武蔵野市)、大阪
年齢制限:東京校は高卒以上、大阪校は18歳から28歳の高卒以上
出身声優:小野坂昌也、中友子、里内信夫、萩森q子、小山裕香、吉水孝宏、中村尚子、山崎和佳奈、井上美紀、南場千絵子、桑島法子、置鮎龍太郎、中井和哉、神谷浩史

 

●厳しい指導の養成所
声優養成所の中で最も厳しいと言われているのが青二塾です。
養成所には珍しい全日制の週5コースがあり、演技の勉強に専念したい、厳しい環境でしっかり勉強し確実に成長したいという人に人気のある養成所です。

 

●演技力重視
青二塾では、単に声優としてではなく、俳優としての演技力を磨くことにも力を入れています。
スタジオでアテレコの練習をすることに重きをおいている養成所も多い中、青二塾では稽古場で役者としての演技を磨くことを重視しています。
声優が俳優の副業だった時代から続く伝統的なやり方で今も指導を続けている歴史のある養成所です。

 

●入所のハードルは高め
厳しくも充実した演技指導と、出身者に多数の有名声優を抱える青二塾は、非常に人気の高い養成所です。入所の倍率は3倍ほどと、入所のオーディションから高いハードルを乗り越えなくてはなりません。
入りたくても入れないという人も多い養成所のため、必ず他の養成所も検討しておきましょう。

 

入所できても東京校の場合、最低週3日は通わなければならないため、社会人や学生をしながら通うのは負担が大きいです。
どのコースを受講する場合でも、100万円以上の費用になり、金銭的負担も大きめです。

 

また、他の声優養成所でよくある、体験会や見学会なども実施していません。青二塾について知ることができるのは年に数回行われる説明会だけです。

 

日本ナレーション演技研究所(日ナレ)

提携事務所:アーツビジョン、アイムエンタープライズ、クレイジーボックス、VIMS、澪クリエーション、アライズプロジェクト
コース・費用:1日3時間×週1コース30万円
1日3時間×週2コース46万円
1日3時間×週3コース60万円
入所期間:原則2年以内
校舎:東京(代々木、池袋、お茶の水、立川、町田)、大阪(梅田、難波、天王寺)、仙台、埼玉(大宮)、千葉(柏)、横浜、名古屋、京都、神戸
年齢制限:小学4年生〜39歳
出身声優:林原めぐみ、椎名へきる、宮村優子、三石琴乃、洲崎綾、内田真礼、梶裕貴、梅原裕一郎、田中ゆかり、堀江由衣、佐倉綾音、天野由梨、坂本千夏、鈴木達央、鈴村健一、千本木彩花、竹達彩奈

 

超大手養成所

日本ナレーション演技研究所(日ナレ)はトップクラスの規模を持つ声優養成所です。生徒数も校舎数も多く、年齢層も幅広いです。

 

他の事務所と比べて学生も非常に多いです。

 

宣伝活動も積極的に行っており、知名度も高い養成所です。

 

提携事務所もアイムエンタープライズやアーツビジョンなど大手声優事務所が並んでいます。

 

小中学校が通える養成所

日ナレには小学4年生から中学3年生を対象としたジュニアクラスがあります。

 

入所条件が16歳以上、高卒以上という養成所が多い中、小学生のうちから通える養成所は貴重です。

 

特に、若いうちから活躍したいと考えているならチェックしておくべき養成所の一つです。

 

アニメ声優・アイドル声優に強い

日ナレはアニメ声優やアイドル声優の育成に強いです。

 

特にアイドル声優として売り出すなら若さが大切。早い段階でレッスンを始め、若いうちにデビューしなければなりません。

 

日ナレは学生でも通いやすい環境が整っているため、アイドル声優を目指すなら一度検討してみるべきでしょう。

 

一方、卒業後の仕事にナレーション・洋画吹き替えは少なめの傾向にあります。

 

コースが選びやすい

週1回コースから週3回までのコースが選べるため、仕事や学校の都合、金銭的負担にあったものを選択できます。

 

学費も週1クラスで30万円と比較的安いため、学生や若い人でも入りやすいです。

 

プロ・フィット声優養成所

提携事務所:プロ・フィット
コース・費用:(基礎科)1日3時間×週1、34万円(入所金含む)
(本科)1日2時間×週1、36万円
入所期間:2年間(1年経過後継続審査あり)
校舎:東京
年齢制限:中卒以上
出身声優:岡本信彦、悠木碧、石川界人、鬼頭明里、茅野愛衣、長妻樹里

 

●アニメに力を入れた声優養成所
プロ・フィットは比較的最近できた声優事務所です。アイムエンタープライズの元マネージャーが立ち上げた事務所で、アニメ系に力を入れています。そのため、養成所も同様にアニメ声優の育成に力を入れています。

 

新しい事務所ではありますが、人気声優が養成所の卒業生に何人もいます。講師の中にも現役声優が何人かおり、現場の様子を詳しく知ることができます。

 

●少人数クラスのため入所ハードルは高い
プロ・フィット声優養成所は1クラス15人から25人と少人数です。丁寧な指導が期待できる一方で、入所のハードルは高め。
人気のある養成所の一つでもあるため、試験の倍率が高く、未経験者が入る養成所としてはハードルが高いです。
もし受験を考えているのなら、他の養成所も必ず併願しておきましょう。

 

●入所後の流れ
最初の1年は基礎科、その後進級試験を経て本科になります。進級試験の倍率は20倍ほどと、狭き門です。その後1年間本科で学んだ後、事務所への所属審査になります。
基本的に基礎科からのスタートになりますが、実力次第では本科からのスタートとなる人もいます。

 

シグマ・セブン声優養成所

提携事務所:シグマ・セブン、シグマ・セブンe
コース・費用:1日3時間×3(基礎科1年目)60万円(入所金含む)
入所期間:基礎科1年、専科1年の計2年
校舎:東京
年齢制限:16〜30歳
出身声優:吉野裕行、安元洋貴、福圓美里、水樹奈々、桃森すもも、中村悠一、若本規夫、ゆかな

 

●ダンスも必須
シグマ・セブンでは、ナレーションやアフレコのレッスンだけでなく、歌やダンスなどのレッスンも含まれています。

 

●入所後の流れ
まずは1年間の基礎科。週3回、1日3時間のレッスンを1年間受けます。その後専科への進級試験があり、ここで半数程度まで絞られます。
専科のレッスンは週2回。その後1年間専科で学んだ後、事務所の所属審査となります。

 

●声優事務所と同じ建物で学べる
養成所が声優事務所と同じ建物内にあるため、現役の声優と近い距離で学ぶことができます。講師にも現役声優が何人もおり、リアルな雰囲気を知ることができます。

 

俳協ボイス

提携事務所:俳協
コース・費用:1日3時間×週1(スタンダードクラス)22万円
1日3.5時間×週1(アドバンスドクラス)8万円
入所期間:スタンダードクラス半年、アドバンスドクラス半年の計1年
校舎:東京
年齢制限:16歳〜38歳
出身声優:関智一、岸尾だいすけ、村中知、大原さやか、佐藤利奈、諏訪部順一、池田秀一、池田昌子、杉本ゆう、皆川純子

 

●声優事務所の中でも特に歴史が長い
俳協は声優事務所の中でも最も古い部類で、青二プロダクションやマウスプロモーションもこの俳協から独立した事務所です。更に青二プロダクションからぷろだくしょんバオバブや81プロデュースが分かれていることを考えると、声優事務所の多くがこの俳協を源流にしていることが分かります。

 

●ナレーションの仕事が多い事務所
運営プロダクションである俳協では、ナレーション中心に仕事をしている声優が多く所属しています。
アニメ声優やアイドル声優ではなく、ナレーションの仕事をしたいと考えているなら、特におすすめの養成所です。

 

●デビューまでの期間が短い
俳協ボイスでは最初の半年間スタンダードクラスで学んだ後、進級試験に合格すれば半年間のアドバンスドクラスに進むことができます。俳協の所属審査を受けられるまでにかかる時間は1年ほど。
レッスン期間が2年から3年となる養成所が多いのに対し、俳協ではわずか1年間で所属審査が受けられます。
短期間で集中的に学び、早く声優としての道を歩みたいという人にはおすすめです。

 

一方で、未経験者やレッスンをしっかり受けたいという人にはやや物足りない面もあります。レッスン頻度も週1少なめです。初心者がいきなり入る養成所としてはハードルが高めです。

 

●仕事や学業と両立しやすい
レッスンは週1回。しかも好きな曜日に受講できます。
期間もそれぞれのクラスが半年程度と短いため、他の仕事をしながらでも通いやすい養成所です。

 

ケンユウオフィス

提携事務所:ケンユウオフィス
コース・費用:1日2時間×週2(本科)39万円(入所金含む)
1日2時間×週2(研修科)24万円
1日2時間×週1(リトライ科)25万円(入所金含む)
入所期間:本科1年、研修科1年の計2年間
リトライ科は10ヶ月
校舎:東京
年齢制限:高卒以上
出身声優:堀内賢雄、飯塚雅弓、戸田めぐみ、矢口アサミ、下妻由幸、奈良徹、新田英人

 

●事務所は洋画吹き替えの仕事が多め
ケンユウオフィスでは洋画の吹き替えの仕事を多く受けています。吹き替えの仕事を希望しているなら検討しておきたい事務所の一つです。
その反面、アニメ系の仕事は少なめです。

 

●正式所属までの道のりはやや長め
ケンユウオフィスでは本科で1年間学んだ後、進級試験を受けて本科に進めるようになります。そして本科で更に1年学んだ後、ケンユウオフィスの所属審査となりますが、ここで合格してもすぐに正式所属にはなれません。
まずは預かり所属という形で、正式ではなく仮の形で事務所に入ることになります。預かり所属中は毎月1万円の月謝を払い養成所に通い続けることになります。

 

他の養成所に比べ、正所属までの道のりが長く、お金もかかりやすいです。

 

●追加レッスンの受講もできる
標準のレッスンで物足りない場合や、もっと勉強したいと感じた場合は、1回2000円のオプションクラスを受講できます。
レッスン内容は毎月変わります。自分の興味や伸ばしたい分野に合わせて学ぶことができます。

 

また、基本的には週2回のレッスンですが、2回分を1日にまとめることも可能です。
仕事をしたり学校に通ったりしながらでも通いやすい養成所です。

 

●もう一度声優に挑戦したい人のためのリトライ科
ケンユウオフィスには本科や研修科の他に「リトライ科」というものがあります。
これは一度声優事務所に所属したものの、うまく行かず止めてしまったという人のためのクラスです。
事務所に所属する所までは進めたけれど、事務所との相性が良くなかったという人でも、もう一度やり直すチャンスがつくれます。

 

マウスプロモーション付属俳優養成所

提携事務所:マウスプロモーション
コース・費用:1コマ2時間×週2〜3コマ(入所1年目)39万(入所金含む)
入所期間:2年間
校舎:東京
年齢制限:18歳〜27歳
出身声優:大谷育江、岡村明美、沢海陽子、田中敦子、浜田賢二、伊丸岡篤、吉田聖子、高橋英則、木島隆一、古木のぞみ、佐藤あずさ、五十嵐裕美、加隈亜衣、桑原由気、高野麻里佳、高田憂希、小野大輔、新垣樽助、市来光弘、秦佐和子、沢城みゆき、小野大輔

 

●厳しい演技指導
マウスプロモーションの養成所は青二塾と同じく厳しい演技指導を行っています。
所属している有名声優も多いですが、それだけ高い実力を求められています。

 

●洋画吹き替えの仕事が多め
マウスプロモーションの場合、声優としての仕事は洋画などの吹き替えが多めです。
アニメの仕事やアイドル声優としての仕事はあまり多くないので、自分の目指す方向とあっているのかよく確認してください。

 

●所属は狭き門
養成所に入れるのは18歳から27歳と他の養成所よりも年齢制限が厳しいです。
また、入所オーディションの条件には、専門学校や劇団などで1年以上、もしくはそれと同程度の基礎訓練を受けたこととあり、未経験者は入ることができません。
未経験者やまだ経験が浅い場合は、一度他の養成所に入る必要があります。
また養成所から事務所所属になる際の審査も倍率が高く、正式な所属になるまでの道のりは厳しいです。

 

81 ACTOR’S STUDIOS

提携事務所:81プロデュース
コース・費用:週4コマ(本科)約78万円(入所金含む)
1クラス2.5時間×週1(週1クラス)32万円(入所金含む)
入所期間:本科1年、研究生半年
校舎:東京
年齢制限:高卒〜26歳(本科)、中卒〜40歳ぐらい(週1クラス)
出身声優:山口由里子、千葉繁、三木眞一郎、三宅健太、西村ちなみ、くまいもとこ、斉藤壮馬、恒松あゆみ、原紗友里、江口拓也、関俊彦、中尾隆聖、阿澄佳奈、高山みなみ、大久保瑠美

 

●大手芸能事務所の付属養成所
81プロデュースには、声優に限らずタレントや俳優も所属しています。声優メインの事務所ではなく、声優が多数所属している芸能事務所という感覚に近いです。
仕事の幅も広く、アニメ声優から洋画の吹き替え、ナレーションなど様々で、いろいろな場所で活躍できる声優を目指したい人に向いています。

 

●費用はやや多め
81プロデュースの場合、1年間本科で学んだ後、所属オーディションを経て事務所の研究生となります。研究生の期間は半年ほどで、本科とは別に30万円ほどのレッスン費用がかかります。
正所属となるのは、半年の研究生期間を終え、その後に再び行われるオーディションを通過してからになります。本科で80万円近く、研究生で30万円と1年半で120万円以上のお金が必要になります。

 

レッスンの頻度は週4コマと授業料の割に多いというものでもないため、割高に感じてしまう人も多いです。

 

アトミックモンキー声優・演技研究所

提携事務所:アトミックモンキー
コース・費用:2.5時間×週1回45万円(入所金含む)
入所期間:2年
校舎:東京
年齢制限:15歳〜30歳ぐらい
出身声優:関智一、小野友樹、潘めぐみ、杉田智和、鷲崎健、小市眞琴、西田望見、折笠富美子、長沢美樹、田中由香、近藤浩徳

 

●アニメ中心の声優事務所
アトミックモンキーは中堅声優事務所。仕事の中心はアニメです。洋画の吹き替えやナレーションの仕事は少ない傾向にあります。
アニメの仕事自体も大手に比べると幅が狭いため、幅広い場で活躍してみたいという場合にはあまり向いていません。

 

●入所後の流れ
基本的に1年次クラスから始まり、進級試験に合格すると2年次に進みます。その後また1年経つと事務所の所属審査を受けることができます。
1年次2年次の他に「研究クラス」というものもあり、こちらは優秀な成績を収めた生徒が集められています。
また、年に6回行われるテストで良い成績を収められれば飛び級できる制度もあります。

 

ただ、事務所の所属審査に合格してもすぐに正所属にはならないことが多いです。まずは預かり所属となるゼミ科の所属となり、授業料を払いながら更に養成所に通うというパターンが多いです。

 

●授業料はやや割高
週1回のレッスンに対して費用は50万円弱と、同条件の他の養成所と比べるとやや高め。
2年次終わりの審査に通過してもゼミ科として更にレッスン費用がかかる可能性が高いため、ある程度お金に余裕がある人向けの養成所です。

 

週1回通えば良いため、仕事をしながら声優を目指したいという人には通いやすい養成所です。

 

アクセルゼロ

提携事務所:アクセルワン
コース・費用:1日2.5時間×週1(1年目・基礎クラス)48万円(入所金含む)
1日2.5時間×週1(1年目・研究クラス)38万円
入所期間:3年
校舎:東京
年齢制限:15歳以上
出身声優:君嶋哲、工藤雅久、福原かつみ、七瀬彩夏、白川愛実

 

●比較的新しい声優事務所
運営プロダクションであるアクセルワンは、アーツビジョンから独立した声優の森川智之さんによる声優事務所です。
養成所も同様に新しく、アクセルワン所属の有名声優は他からの移籍者が多いため、養成所出身者の中に有名声優はまだ少ないです。

 

●講師陣にはプロデューサーや脚本家も
現役声優が講師を務める声優養成所は珍しくありませんが、アクセルゼロではプロデューサーや脚本家など、声優とは違う立場で現場に関わる人が講師を務めるレッスンもあります。
声優を選ぶ側からの視点について学べるのは貴重な機会です。

 

●授業料はやや割高
アクセルゼロのレッスンは週1回ですが、同じぐらいの授業時間がある他の養成所と比べると、授業料は高めです。
養成所への所属期間も長くなりやすいため、受講料の支払いも多くなるため、注意が必要です。

 

●養成期間が長い
アクセルゼロの養成期間は3年と、他の1〜2年で済む養成所に比べると長いです。3年目は預かり所属に近い扱いになるため、養成所に2年入った後に預かりになるケースには近いですが、短期間の養成所に比べると学費が多くなることにも気をつけましょう。

 

生徒が絞られるタイミングが遅い点にも気をつける必要があります。
多くの養成所では、1年次から2年次に進級する際に生徒をふるいにかけます。多くの人がこの段階で脱落するため、1年間分の時間と授業料を浪費するだけで済みます。
しかしアクセルゼロでは、2年次から3年次にかけて選抜が行われます。3年次の進級試験の倍率は4倍です。
生徒が絞り込まれるタイミングが遅い分だけ、試験に落ちた時に無駄になる時間や授業料も多くなります。

 

また、順調に進んだとしてもデビューは早くて2年後。レッスンは重要ですが、若い時間をデビュー前に消費してしまうことには気をつける必要があります。

 

ぷろだくしょんバオバブ付属養成所B.A.O

提携事務所:ぷろだくしょんバオバブ
コース・費用:1日2.5時間×週1(1年目)34万円(入所金含む)
1日2.5時間×週1(2年目)27万円
入所期間:2年間
校舎:東京
年齢制限:15歳以上

 

●一時大量に移籍が多かった事務所
有名声優を多数抱え、実績も歴史もある声優事務所ですが、2011年には福山潤さんや水島大宙さんなどの有名声優が短期間に何人も他の事務所に移籍してしまうという騒動がありました。一時は事務所そのものがなくなってしまうのではないかとも噂されていました。

 

当初に比べればずいぶん落ち着いていますが、事務所付属の養成所に入るということは、その事務所所属を目指すということです。
どの養成所を受験する場合でも、運営プロダクションに入りどんなふうに活躍していきたいのか、同じ事務所にずっと居続けるのか、それともいずれは移籍や独立を考えたいのかなど、将来のことをよく考えて選ぶ必要があります。

 

●入所後の流れ
基本的に養成期間は2年ですが、試験などの成績がよく実力があると認められれば、飛び級もできます。
入所時のオーディションについても、成績が良ければ入所金が免除されたり減額されたりすることもあります。

 

クレアボイス養成所

提携事務所:クレアボイス
コース・費用:週1コース30万円(入所金含む)
週2コース40万円(入所金含む)
入所期間:2年間
校舎:東京
年齢制限:中学1年生〜30歳くらい
出身声優:菅原慎介、原田彩楓

 

●設立から日の浅い小規模事務所
クレアボイスはアイムエンタープライズから独立した元マネージャーの泊一平さんが設立した声優事務所です。設立は2014年と比較的最近で、養成所も同様にできてから日が浅いです。
事務所に所属している声優の人数も少ない小規模事務所のため、養成所出身の声優もまだまだ少ないです。

 

ただ、規模が小さいぶん指導が行き届いており、丁寧なレッスンを受けられるという評判もあります。

 

●入所後の流れ
最初の1年間はスタンダードクラスで学び、進級試験の後ステップアップクラスで1年間、計2年のレッスンを受けた後に所属審査となります。
優秀な人なら1年経過後に飛び級で事務所に入ることもあるようですが、実力のある経験者以外には難しく、基本的に未経験者は2年かかると考えておくべきでしょう。

 

●募集がない年も
事務所も養成所も規模が小さく、年によっては新規養成員の募集がないこともあります。
必ず募集状況は確認しておきましょう。

 

プロダクション・エース演技研究所

提携事務所:プロダクション・エース
コース・費用:1回2.5時間×週2回・47万円(入所金含む)
入所期間:1年間
校舎:東京
年齢制限:14歳〜35歳ぐらいまで
出身声優:竜門睦月、木村涼香、花園愛美、平井貴大、丸山智行、八木侑紀

 

●大手養成所
プロダクション・エースの養成所は1クラス30人が9クラスとかなり規模が大きいです。
少人数指導で細やかなレッスンを受けたいという人よりも、多くの仲間とともに学びたいという人に向いています。
年に2回の進級・所属審査の後には個人面談を行い、反省点や課題を確認するなど、大人数ながら一人ひとりへの指導もきちんと行われています。

 

養成所の規模としては非常に大きい一方、卒業後の仕事は養成所の規模の割には多くありません。仕事内容もアニメ系よりは洋画の吹き替えが多いです。
養成所を選ぶ際には、規模や費用だけでなく、卒業後の仕事内容についてもよく調べておく必要があります。

 

●個性的な授業
声優養成所のレッスンと言うと、演技指導やアフレコの練習というイメージがありますが、プロダクション・エースでは、ダンスレッスンやフリートークの練習など、独自の授業も行っています。

 

●養成期間は原則1年間
レッスン期間は1年間で、年間2回の進級・所属の審査があります。半年毎に審査があるため、デビューできるチャンスも多く、短期間で事務所に入れる可能性も高いです。
早くデビューしたいという実力のある人にはメリットがある一方で、未経験者にはレッスン期間が短すぎることも。
人数が多いとどうしてもクラス内のやる気にもばらつきが出てしまうため、短期間でレッスンを物にできる集中力と声優になりたいという強い覚悟が求められます。

スクールデュオ

提携事務所:賢プロダクション
コース・費用:1日2.5時間×週1(基礎クラス)30万円(入所金含む)
1日3時間×週1(レギュラークラス)40万円(入所金含む)
3ヶ月毎に6万9千円(アッパークラス)
校舎:東京
年齢制限:中卒以上(レギュラークラス)
中卒〜30歳まで(基礎クラス)
出身声優:甲斐田裕子、最上嗣生、梯篤司、こぶしのぶゆき、伊藤静、小平有希、日野未歩、小橋知子、西墻由香、大原崇、生天目仁美、代永翼、佐藤拓也、阿部敦、遠藤大智、下田レイ、浅利遼太、合田絵利、小林未沙、櫻井トオル、烏丸祐一、いのくちゆか

 

●アニメや洋画吹き替えの仕事が多い
賢プロダクションは内海賢二が会長を務める声優事務所で、アニメや洋画吹き替えの仕事が多いです。
入所ハードルは高いですが、所属できれば多くのチャンスが期待できます。

 

●厳しい指導の養成所
入所難易度は平均的ですが、進級や所属審査は非常に厳しいです。

 

「今年は何人進級」と人数で決めるのではなく、完全に実力が基準になっています。十分な実力のある生徒がいなければ所属になる声優がゼロでも構わないというスタンスです。

 

●実力と経験別に分かれた4つのクラス
スクールデュオのクラスは4つ。
まずは未経験者が入る声優塾と基礎クラス。下のクラスから進級した生徒と1年以上の演技経験者が対象のレギュラークラス、そしてレギュラークラスから進級した人のみが対象のアッパークラスです。
それぞれのクラスの受講期間は1年間。次のクラスに進めなかった場合は退所になります。

 

未経験者の場合、基礎クラス、レギュラークラス、アッパークラスと進級していくことになるため、正式に所属できるまで3年はかかることになります。デビューできるまでに時間がかかれば、それだけ声優として活躍できる期間も短くなってしまいます。
そのため、どちらかというと経験者が選ぶことの多い事務所です。

 

よこざわけい子声優・ナレータースクール

提携事務所:ゆーりんプロ
コース・費用: 1日2.5時間(週1コース)20万円
1日2.5時間×週2(週2コース)30万円
入所期間:2年間
校舎:東京
年齢制限:中学生以上
出身声優:小林裕介、高塚智人、汐谷文康、村上奈津実、池田祐子

 

●有名声優が講師に
代表も務める声優のよこざわけい子さんから直接指導を受けられるだけでなく、田中真弓さんも不定期で講師を務めており、有名な声優から直接レッスンを受けられます。

 

●中学生以上が対象
高卒以上が条件となる養成所も多い中、よこざわけい子声優・ナレータースクールでは中学生でも入所できます。若いうちからレッスンを積み、早く活躍したいという人におすすめです。